駆除

緊褌一番の思いで挑もう【コウモリ駆除で快適な暮らしを手に入れる】

ハクビシンの被害

作業員

ハクビシンの被害

近年ハクビシンによる害獣被害が都心でも見られるようになってきました。そこで必要なのがハクビシン駆除です。ハクビシンは白鼻芯と書くように鼻すじが白いのが特徴です。大きさは50センチから70センチほどで、タヌキに似ています。もともと毛皮にする為に飼育されていたものが野生化して増えたといわれています。頭が通る隙間さえあればどこにでも入れます。僅かな隙間から住宅の屋根裏などに住み着いてしまいます。ハクビシンに住み着かれた住宅には様々な被害が出ます。天井の断熱材をボロボロにされてしまうこともあります。巣で糞尿をするので、それが屋根裏に溜まっていき、天井に染み出して被害に気づくということもあります。ハクビシンが持ち込むダニ、ノミによる健康への影響も心配です。もし異変に気づいたら早めに専門家にハクビシン駆除を依頼しましょう。

駆除は専門家に依頼を

もし被害に気づいてもハクビシン駆除は自分で勝手にすることができません。害獣の捕獲、駆除には自治体の許可が必要です。また罠を使って捕獲する場合も免許が必要になります。野生のハクビシンは攻撃性が強く凶暴です。専門のハクビシン駆除業者に依頼しましょう。事前に調査して、見積もりを出してもらいます。ハクビシン駆除をするには、まずハクビシンを建物から追い出します。煙を使って燻蒸したり、ハクビシンが嫌う薬剤を散布したりします。捕獲する場合は、ハクビシンの通り道となっているところに罠を仕掛けます。つがいで巣を作る事が多いので注意が必要です。ハクビシンを捕獲したら、巣となっていた部分の修繕をします。糞尿の片付け、天井の修繕等必要な処置をしたら、殺菌消毒を徹底します。そして最後にハクビシンの通り道となっていた穴を塞ぎ、もう入ってこれないようにします。業者によってはその後のアフターケアや保証をしてくれるところもあります。値段、実績、保証などよく確認して、信頼できる業者を選ぶようにしましょう。