駆除

緊褌一番の思いで挑もう【コウモリ駆除で快適な暮らしを手に入れる】

家に寄り付かないように

害獣

侵入されないように対策を

街中でも発生している害獣被害にハクビシンによる被害があり、常に数百件単位で悩まされているところもあります。ハクビシンは鳥獣保護法で保護されている野生動物ですので、勝手にハクビシン駆除をすることは禁止されている動物です。ハクビシンは外から家の中に侵入し、屋根裏に巣を作りそこに住み着く習性をもっています。一度侵入されてしまうと、何回も侵入される恐れがあるのでまずは、侵入させないことが一番の対策となります。換気口や軒下などに隙間があると侵入経路になってしまうので、定期的に家の周囲を点検し隙間があった場合はすぐに塞いでおきます。また、庭の木の枝の伸びすぎに注意し、家に枝がかかるようなら短く切っておきましょう。木の幹を伝って侵入してくるハクビシンを防ぐことができます。

駆除業者の選び方

鳥獣保護法で保護されているハクビシンは許可を受けている業者でなければ、ハクビシン駆除を行うことはできないはずですので、まずは都道府県の許可を受けているかどうかを確認しましょう。それに加えて狩猟免除の資格も必要になり、この資格がないと罠を使用したハクビシン駆除を行うことはできません。また、ハクビシンは野生動物ですので事前の調査をしっかりしておかないと、また再度の被害を受けることになりやすいので、事前調査をしっかりとしてくれる業者を選ぶと安心です。気になるハクビシン駆除の手順についても丁寧に説明を受け、ハクビシン駆除の実績をできれば確認しておくと安心して頼むことができます。ハクビシン駆除業者の多くはアフターケアや保証などをつけている場合も多いのでそのアフターケアの内容や保証期間について確認しておくといいでしょう。